可夢偉、2014年の活動はケータハムF1チームで決定

2013年のF1は、久々日本人ドライバーのいない中で、日本人のF1ファンにとっては、ちょっと淋しいシーズンだったと思います。

2014年は、かねてから噂になっていた小林可夢偉がF1復帰を果たすことが決まりました。昨年は、F1のシートを失い、WECで戦った可夢偉でしたが、やはり1年間F1チームにいないことが、大きなハンディとなり、F1シートの確保に向けて苦労したのは言うまでもありませんが、そういった中で、レギュラーシートを確保できたことは内容はともかく、よかったことかもしれません。

2014年、可夢偉のF1復帰先は、「ケータハムF1チーム」。チームメイトは、F1初参戦のスウェーデン出身、マーカス・エリクソンとのコンビでこの1年を戦う。このコンビで考えると、当然のことながら可夢偉がNo.1待遇の判断でいいのかなぁと思ってしまいますが、このチームは、未だチーム結成以来ポイントを獲得したことがないチーム。前には、F1で1勝したH.コバライネンやY.トゥルーリなどが在籍し、ドライブしていたこともありますが、彼らをもってしてもなかなかポイント獲得ができなかったこのチームで、今年可夢偉がこのチームで果たす役割はかなり大きく、チームを牽引して下位チームからの底上げを期待されているに違いないと思っています。

ただ、この下位で低迷しているチームでも、今年はエンジンをはじめとするレギュレーションの変更に伴い、序盤の数戦は下位チームでも上位で活躍できるチャンスは十分にあると思っています。

例を挙げると、2009年、当時ホンダがF1から撤退して、ブラウンGPというチームで参戦したチームが大躍進し、当時ドライブしていたJ.バトンをワールドチャンピオンへと導いた経緯がありました。

ケータハムがいきなり当時のブラウンGPのように躍進することは難しいかもしれませんが、可能性はゼロではないと思いたいところです。

マシン、タイヤ、スタッフ、戦い抜くためのストラテジーなどすべてが機能し、そのマシンを速く走らせることができるドライバーに託して、高い目標に向けて結果を残す、1つでも噛み合わないと結果が伴わないF1の世界では、ほんの些細なことでも影響が大きく出てしまいます。

2014年のケータハムのマシンの出来と、可夢偉の好みにあったマシンが仕上がれば、序盤の数戦はいい結果を期待したいところですね。

これからニューマシンの発表、その後のテストがいい成果を残しながら、開幕戦でリタイヤせずに決勝で生き残れば、ポイントは取れるような気がします。開幕戦まで限られた時間の中ではありますが、可夢偉の力で大きくチームを変貌させてもらいたいものです。それができたことによって、可夢偉の価値もこれまで以上に上がるかもしれませんね。

可夢偉にとって、2015年以降も、可夢偉がF1で戦い続ける可能性を少しでも上げるためにも、この2014年はいつも正念場かもしれません。逆境に強い可夢偉なので、これを力に変え、大いに躍進することを期待したいですね。

http://f1-gate.com/kamui/f1_22181.html