カテゴリー別アーカイブ: 未分類

可夢偉、2014年の活動はケータハムF1チームで決定

2013年のF1は、久々日本人ドライバーのいない中で、日本人のF1ファンにとっては、ちょっと淋しいシーズンだったと思います。

2014年は、かねてから噂になっていた小林可夢偉がF1復帰を果たすことが決まりました。昨年は、F1のシートを失い、WECで戦った可夢偉でしたが、やはり1年間F1チームにいないことが、大きなハンディとなり、F1シートの確保に向けて苦労したのは言うまでもありませんが、そういった中で、レギュラーシートを確保できたことは内容はともかく、よかったことかもしれません。

2014年、可夢偉のF1復帰先は、「ケータハムF1チーム」。チームメイトは、F1初参戦のスウェーデン出身、マーカス・エリクソンとのコンビでこの1年を戦う。このコンビで考えると、当然のことながら可夢偉がNo.1待遇の判断でいいのかなぁと思ってしまいますが、このチームは、未だチーム結成以来ポイントを獲得したことがないチーム。前には、F1で1勝したH.コバライネンやY.トゥルーリなどが在籍し、ドライブしていたこともありますが、彼らをもってしてもなかなかポイント獲得ができなかったこのチームで、今年可夢偉がこのチームで果たす役割はかなり大きく、チームを牽引して下位チームからの底上げを期待されているに違いないと思っています。

ただ、この下位で低迷しているチームでも、今年はエンジンをはじめとするレギュレーションの変更に伴い、序盤の数戦は下位チームでも上位で活躍できるチャンスは十分にあると思っています。

例を挙げると、2009年、当時ホンダがF1から撤退して、ブラウンGPというチームで参戦したチームが大躍進し、当時ドライブしていたJ.バトンをワールドチャンピオンへと導いた経緯がありました。

ケータハムがいきなり当時のブラウンGPのように躍進することは難しいかもしれませんが、可能性はゼロではないと思いたいところです。

マシン、タイヤ、スタッフ、戦い抜くためのストラテジーなどすべてが機能し、そのマシンを速く走らせることができるドライバーに託して、高い目標に向けて結果を残す、1つでも噛み合わないと結果が伴わないF1の世界では、ほんの些細なことでも影響が大きく出てしまいます。

2014年のケータハムのマシンの出来と、可夢偉の好みにあったマシンが仕上がれば、序盤の数戦はいい結果を期待したいところですね。

これからニューマシンの発表、その後のテストがいい成果を残しながら、開幕戦でリタイヤせずに決勝で生き残れば、ポイントは取れるような気がします。開幕戦まで限られた時間の中ではありますが、可夢偉の力で大きくチームを変貌させてもらいたいものです。それができたことによって、可夢偉の価値もこれまで以上に上がるかもしれませんね。

可夢偉にとって、2015年以降も、可夢偉がF1で戦い続ける可能性を少しでも上げるためにも、この2014年はいつも正念場かもしれません。逆境に強い可夢偉なので、これを力に変え、大いに躍進することを期待したいですね。

http://f1-gate.com/kamui/f1_22181.html

今年も開幕戦が近づいてきました。

 いよいよ2013年F1開幕まであと1週間を切ってきました。
今年は、V82.4ℓ自然吸気エンジン最後の年で、2014年からはV61.6ℓ過給器付きエンジンへと変化します。

また、エンジンの規定が変わることにより、マシン形状についても大きく変更があると予想されるかと思います。各チームは今年戦うマシンと来年の規格の異なるマシンと同時並行で作業を進めることとなるので、通常よりも一層のハードワークをしいいることとなるでしょうね。

 来年のことはともかく、今年のF1も、昨年同様各チームテストなどをこなしながら開幕に向けてマシンを仕上げているところですが、どこのチームが飛び抜けているということでもなく、今年もタイヤの使い方によって大きく変動することとなること、また、限られたエンジン数などでどこのサーキットで力を出すのか、力をセーブするのかそのあたりの戦略もかなり重要となってくるかと思います。

 昨年は、史上稀に見る1シーズン8名のウィナーを出した中、レッドブルのS.ヴェッテルが3連覇を果たしました。これまで見せていた圧倒的な速さは見られず、シーズン後半にマシンとのコンビネーションがあったこともあり、フェラーリのF.アロンソとのチャンピオン争いに勝った経緯があります。また、チャンピオン争いしていたフェラーリのF.アロンソも昨年の開幕戦まではマシンの出来があまりにも悪く、チャンピオン争いどころではないというような状況の中、中盤戦まではチャンピオン争いに大きく余裕を持たせて進んでいましたね。圧倒的に速く、安定したマシンを手に入れらていないドライバーたちが何とかして多くのポイントを稼いでチャンピオンになる戦略も引き続き見られることとなるでしょうね。

 そうなると、チャンピオン候補はかなりの数のドライバーにチャンスはあるように感じます。(多分?)

 特に今年は、開幕からの3戦、夏のヨーロッパ開催のレース、後半にかけてのヨーロッパ以外でのレースと、この3セクションに分けた部分が重要になってくるように感じています。特に来週から始まる開幕戦で、いい結果を残すことができるのかは重要になってきます。今年お開発したマシンの方向性があっているのかどうか特に重要なこととなるでしょうからね。

 さて、どのマシンがチャンピオン争いの中心になるのか?

やはり可能性があるのが、レッドブル、フェラーリ、マクラーレン、ロータス、メルセデスの5チーム。個人的に感じていることを箇条書き。

①レッドブル

  昨年の発展系マシンで参戦し、所々に改良を重ねているものの、マシンの絶対的なスピードが気になるところ。いろんなアイディアをマシン各所に盛り込んで、対応するが果たして速さが際立つかが鍵。ヴェッテル、ウェバーどちらとも不安な要素はないものの、ウェバーにとっては、今年でF1は最後かな?ウェバーにチャンピオンを取らせあげたい気もする。

②フェラーリ

 昨年のフロントプルロッドサスペンションマシンの2年目で、ある程度の速さも実証できている。今年投入されるタイヤとのマッティングをうまく引き出せるかどうかによって大きく成果が変わりそう。やはり鍵はマッサ。マッサが昨年後半から復調しているので、その流れがあれば、アロンソとのコンビネーションが機能して、レッドブルより安泰かも? 

③マクラーレン

 昨年型より、フェラーリ同様フロントプロロッドサスペンションを採用したマシン。それに伴い、マシンデザインも大きく変更している。序盤数戦は苦戦するかも?新加入したペレスが昨年のようなパフォーマンスがいきなり発揮できるかが鍵。これまでの新規若手ドライバーはだいたい移籍初年度でまずまずの成果を出せているが、ちょっと未知数?フェラーリのマッサ的なポジションにならなければいいのだが…。

④ロータス

 昨年型のいいところを活かせたマシンづくりを行っている。昨年GP1勝と表彰台も何度かのったライコネンの安定した速さで意外とチャンピオン候補かもしれないかも?また、チームメイトのグロージャンのクラッシュがなくなると、チームコンストラクターズ争いに割り込みダークホース的?な存在。

⑤メルセデス

 昨年やっとロズベルグによりチーム1勝できたところに、ハミルトンの移籍、マシン作りにも新たなチャレンジを盛り込んでいるが、レースになると組立がなかなかうまくいかず空回りするのが課題?名勝R.ブラウンがいるのにちょっと不思議。もう時代遅れになっている?のかな。ブラウンの戦略。ハミルトンのマンパワーに期待するしかないかな?今年はちょくちょく上位には来るものの、昨年同様に惜しいレースが多くなる予感。ハミルトンによるマシンダメだしの1年になるかも?

となると、やはりチャンピオンに現時点で近いのは・・・ちょっと判断できないかも・・・ですね。やっぱり開幕戦明けの判断でしょうかね?

 あとは、中段チーム。昨年大きく活躍したウィリアムズとザウバー、あまり結果の残せなかったF.インディアとトロ・ロッソ。特にウィリアムズは久々レース1勝を引き寄せたのもいろんな意味でどのチームにも勝つ可能性を感じる出来事だったように思えます。

 今年は、個人的にはウィリアムズに注目したいですね。ルノーにエンジンをスイッチした昨年は、マシンの戦闘力が飛躍的にあがり、マルドナドが1勝をするまで至っていましたが、いかんせん完走率が低すぎるという大きなマイナス面を今年クリアすれば、ロータス同様に面白いことになるかもしれませんね。安定した速さといい順位でのリザルトを残すこと。チーム首脳陣が抜ける中で、70を過ぎてでもチームに大きな影響を与えているF。ウィリアムズがさらにチームをまとめ、名門レース屋復活元年にしてもらいたいものですね。マルドナドワールドチャンピオンも見てみたい気もしますね。南米人チャンピオン。A.セナ以来になるだろうからね。

 最後に、今年は日本人ドライバーのフル参戦がないシーズンとなってしまいましたが、鈴鹿ぐらいで誰かスポットでも乗ってもらいたいですね。昨年の可夢偉の3位表彰台のような一体感をまた感じたいものですね。

 さて、V8自然吸気エンジン最後の年、果たしてチャンピオンは誰の手に?

 

 

新春特別投稿 東京オートサロン2011~モータースポーツへの危惧~

 1月14日から16日まで開催された東京オートサロン。今年も昨年同様運よく見ることができ、会場に入って昨年よりもよりじっくり見るようにいろんな展示・催し物を見ていきました。

 その中で、今回特に感じたこと。それは、モータースポーツの危惧。昨年に比較すると、来場者、出店数などは増えたように感じましたが、モータースポーツに関する展示が昨年に比較すると減ったのかもしれませんね。それと呼応するかのように、ドライバーがイベントに積極的に参加してブースを盛り上げている光景がよく目立っていました。ここ1.2年大手メーカーのモータースポーツの予算削減を中心に各企業群のモータースポーツに対する支援が著しく減ったことなどが、大きく尾を引いているのが原因かもしれません。新たなスポンサーを獲得しながら、日本のモータースポーツを活性化していくことを狙っていることは何となく感じました。

 それにしても、ドライバーが出ているイベントを見ていて感じたこと。「非常に丁寧な話し方」、「丁寧な対応」、「きちんと会話でイベントを盛り上げている」、ちょっと変に感じられるかもしれませんね。私個人の先入観かもしれません。それと併せて会話から伝わってくる「モータースポーツへの情熱」。特に、今回若手のドライバーたちを見ていてそれを感じ取ることができました。

 それは、昔のレーサーの方々は、それほど、イベントで表に出ることも少なく、どちらかというと、レースカーを走らせることに集中していたドライバーが多いのかもしれません。また、サーキットで腕を磨く人は割と少なく、峠出身ドライバーといわれる方がサーキットでレースに出て、そこから力をつけてトップチームから認められ、トップチームからのオファーが出て、参戦するには、少なくとも結構な時間を要していました。

 現在では、トヨタ、ホンダ主宰のフォーミュラーのスクールがあり、そこから、成績優秀者がメーカーのサポートを受けながら、ステップアップするシステムが構築されたため、ある程度のフォーミュラのカテゴリーでのレース走行は可能となり、しかも、トップチームでのドライブも、速いドライバーになると、20歳前後で乗ることができる仕組みとなっています。

 そういった環境が徐々に整えられている中で、若いドライバーたちは、個人的な感想ですが、何となく優等生的なドライバーが大変増えたような気がします。メーカー主催のスクールを卒業したからということも多少影響しているような気がします。併せて、年齢に関係なく、モータースポーツを継続的に行うために、たくさんのスポンサーに会い、スポンサーになってもらうよう啓蒙活動を行ったり、時には、大小かかわらずイベントに参加したり、レースとは関係ない仕事までこなしているドライバーもいたりします。

 やはり「レーサー」のイメージがあまり日本では一般的によくないこともあって、ひょっとしたら、今の若いドライバーにはちゃんとした人たちがドライビングテクニックと同様に人間性も重視されているのかもしれませんね。ある程度は、資金が大きくかかるモータースポーツにおいて、資金を確保するという大前提の中、人間性を磨くことと、腕を磨くことは同様なのかもしれません。現状ではドライバーには、それなりの品格を必要としてきているのかもしれません。ただ、個人的には、もっと、ドライバーには車を速く走らせるための努力を多くの時間を費やしてほしい気がします。

 そういったフォーミュラの教育がある程度は充実している中、世界の中を見てみると、日本人ドライバーが世界に出て速いかというと、なかなかうまくチャンスに乗れないケースが多いようです。昨年のF1での可夢偉はある意味、稀なケースなのもしれませんが、彼も、ヨーロッパでのフォーミュラ時代はいい結果は残していません。ただ、F1でのちょっとした「チャンス」を120%の実力を出すことで、今のポジションを形成できたのかと思います。この「チャンス」日本人ドライバーは大変弱い気がします。いろんなことが絡んで、ものにできないこともよく聞きますが、世界にでると、とにかく速ければチャンスが膨らんできます。単純明快なことではありますが、これが意外と難しいこと。「突出した速さ」は、いろんな副産物を生み出す力となるのだと感じます。そういったこともこれからの日本人ドライバーにはもっと補ってほしいことなのかもしれません。

 速くていいドライバーは、国内上位、下位カテゴリーにかかわらず、たくさんいます。あとは、ステップアップするチャンスが来るのかどうかは、積み重ねた努力とひきよせる運が必要になってくることかもしれません。

 併せて、ここ数年の経済低迷の中、そんな中でも何とかして速く走るために苦労していることも事実です。有名なドライバーでさえも走るために、資金集めに苦労しているようです。これだけ、自動車の先進技術を持ちながら、モータースポーツには関心が低いようです。

 

 「モータースポーツがあるからこそ、自動車が進化する。」

 

 個人的な見解かもしれませんが、一番の実践研究室が「レースカー」だと思っています。そのフィードバックが、今ある自動車の技術に活かされている、そういった見方をするとおのずと、モータースポーツはおろそかにしてはいけないものになってくるかと思います。

 世界に誇れる自動車技術の国「日本」。もっとモータースポーツに自信の持てる国に成長してほしい。そうなると日本におけるモータースポーツも国内問わず、世界にも認知され大きく成長していくと思います。

 そして、若くいいドライバーが世界の舞台で、のびのびと活躍できる環境を提供できるように、国内における慣習などのしがらみ等関係なく新しい創造性豊かに突き進んでもらえるように、何か小さなことからでもサポートできることを考えたい。ひょっとしたら、モータースポーツを危惧から救うキーワードかもしれませんね。

F1 第12戦ハンガリーGP フリー走行1回目

  F1ハンガリーGPが始まりました。先週のドイツGPとは異なり、コースがツイスティーな低速サーキットで有名で、通常のマシンパワー差が出にくいので、意外と違ったチームが予選上位に食い込み、本戦でもいい結果を出す中堅から下位チームにとってはポイントのとりやすいサーキットなのかもしれませんね。

 さて、フリー走行1回目ですが、レッドブルの2台が3位に大きく差をつけての走行。今回もかなり調子がいいのかもしれません。3位には、ルノーのR.クピカが飛び込んできています。低速サーキットなので、マシンのバランスも必要ですが、ドライバーの力量も大きく作用するかと思いますので、この調子でマシンを仕上げてほしいですね。あとは、5位にウィリアムズのR.バリチェロ、6位に何とザウバーのデ・ラ・ロサが飛び込んできています。バリチェロは最近マシンの調子がいいので今回は期待したいですね。しかも、ウィリアムズの得意のサーキットなので、予選がひょっとしたら楽しみかもしれません。デ・ラ・ロサも本家のフェラーリを抑え、フェラーリエンジン搭載車の中ではトップタイムなので、そうなると、可夢偉にもちょっとした期待がかかるかもしれませんね。

ということで、フリー走行1回目で少しいつもと違ったドライバーが上位に入ってきているので、おろsろい予選が見られそうな予感がします。2回目のフリー走行をしっかりチェックしながら、今回の本命はやっぱりレッドブルなのか見極めたいですね。

 

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2010/07/f1-4480.html

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2010/07/gp11-2-d9eb.html

F1 第6戦モナコGP フリー走行2回目

 フリー走行2回目は終盤天候が悪くなりましたが、何とか無事に終わりましたね。土曜日の予選がちょっと気になるところです。

さて、2回目もフェラーリのF.アロンソがトップタイム。次いで久々メルセデスのN.ロズベルグが入ってきました。アロンソの僚友F.マッサも久々4位につけてきて今回のフェラーリのマシンはこのモナコにあっているのかなぁと感じているところです。あとは、ここモナコで5勝を挙げているメルセデスのM.シューマッハはこのフリー走行で5位につけていますね。前4台とはそれほどタイム差は開いていないところもあり、当然ながら狙っていることでしょうねおそらく6回目の優勝。さて、A.セナと並ぶ6回目の優勝はできるでしょうかねぇ?今までもチャレンジしていますが、なかなか達成できませんね。何となく天国にいるセナがブロックしている感じもしたり…と勝手に思い込んでいますが。シューマッハの次につけているルノーのR.クピカやっぱり気になります。ここでもやっぱり土曜日の予選を期待させてくれそうな予感。

さて、誰がPPを取るのかちょっと楽しみなモナコGPです。

 

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2010/05/f1-fe22.html

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2010/05/2-b8c0.html

やっぱり難しかったようなのでしょうか?

 今年新規参戦チームで故A.セナを叔父に持つB.セナが加入したカンポスF1。ここにきて参戦チーム創設者のカンポス氏が離脱して、立て直すような話題が出ていますね。これも、おそらく資金的な問題などいろいろと複雑にからんでいることが多いようですが、それよりのちょっと仰天な話題としては、2011年にVWにチームを移行させるプランがわきあがっているようで、今までもVWがF1に出ていることは浮いては消えていたこと。ただ、この経済情勢の中、かなり自動車メーカーとしてはメジャーになったVW。F1まで参戦しなくても十分ブランド力はついているような気がしますが、果たしてバーニーさんがどこまで仕掛けることでしょうか。それよりも開幕戦ちゃんとマシン来れるんでしょうね。ただでさえ、マシンの台数が減る要素が多いのですからね。その辺、きちんと立て直してほしいですね。

 

http://ja.espnf1.com/campos/motorsport/story/8499.html

http://ja.espnf1.com/campos/motorsport/story/8583.html

http://f1-gate.com/campos/f1_6450.html

レッドブルのニューマシンは見所満載?

 一番気になっていたレッドブルの2010年のニューマシンが登場しましたね。パッと見は昨年の発展系のマシンコンセプトのように感じましたが、ノーズをはじめとする各パーツの部分をよく見ると細かな変更が施されており、後は、テストでの速さがどのくらいのものなのかが楽しみですね。近日中にM.ウェバーがテストするようですので、様子を見守りましょう。

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2010/02/rb6-b5b4.html

http://f1-gate.com/redbull/f1_6440.html

琢磨のロータス入りはちょっと・・・

 色々と期待してい待っています琢磨のF1復帰の話題。最近有力とされていたロータスでの交渉が、どうも最終的にはダメになったようで、ほかの手段にうっているようです。昨年のトロロッソのの経緯も考えると、やっぱり、この不景気な中、腕だけあっても、資金をある程度持ち込みがないと、来年のF1には乗れないのかもしれませんね。そういう意味では、琢磨をはじめとする他の日本人ドライバーはちょっと辛いのかもしれませんね。

 ロータスの1人のドライバーはどうもトゥルーリがほぼ決定のようで、もう1人は、色々と憶測が飛んでいますが、コバライネンが有力視されていますね。もうじきわかることと思われます。ひょっとして大どんでん返しは・・・ないかもしれませんねたぶん。

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2009/12/post-8594.html

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2009/12/jf13-78d5.html